読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、ANAマイルでパリにいってみようか?

ANAの特典航空券を使い、格安でパリ旅行へ行こう!

通勤、お出かけで。SuicaオートチャージでANAマイルを貯めよう!

ANAマイル ハピタス ポイントサイト クレジットカード

こんばんは、”けんぼう”です。今回はクレジットカードの利用の見直しです。

 

SuicaチャージでANAマイルは貯まりますか?

通勤、通学に必須のSuica定期券。

鉄道を利用する際、オートチャージの利便性は非常に高いですよね。

改札でチャージ残金不足で止められる心配もなく、非常にスムーズです。

ですが、JRの改札でオートチャージ可能なのはVIEWカードのみ。券売機によるSuicaへのチャージも、利用可能なのはVIEWカードのみ利用可能です。

 

現金によるチャージも可能ですが、現金のチャージではANAマイルはおろか、クレジットカードのポイントすら貯まりません。

 

ということで、SuicaへのチャージはVIEWカードでのオートチャージが便利でお得!ということになります。

f:id:kenbou89:20161015221510j:plain

そう、今までは!

 

 

VIEW Suicaカードのメリットとデメリット

そんなわけで、”けんぼう”は、Suica定期券に VIEW Suicaカードを長年利用しています。もうかれこれ10年近くでしょうか。

 

”けんぼう”がView Suicaカードを利用している理由は以下の通り。

  • 定期券でオートチャージが可能
  • 切符購入、オートチャージでもビューサンクスポイントが貰える
  • 最大3.7%の還元率

なかなか使い勝手は良いです。

しかし、VIEWカードのクレジットカードのポイントである、ビューサンクスポイントの交換先はほとんどがJR関係に限られており、ANAマイルに交換するルートはありません。

 

また、ビューサンクスポイントは鉄道関係(定期券、乗車券等、Suicaチャージ)の利用の場合1,000円で6ポイントつきますが、通常のショッピングでは1,000円で2ポイントしかつかないのです。

ビューサンクスポイントをSuicaチャージに交換した場合の還元率は、1,000円で6ポイントの場合、1.5%相当になりますが、1,000円で2ポイントの場合はわずか 0.5%相当になってしまいます。

 

つまり、通常のショッピングにおいて、VIEWカードの利用価値はほぼないことになります。

 

ちなみに、最大3.7%の還元率については以下の通りです。

  • 1000円で6ポイントを前提
  • 800ポイントを「新幹線グリーン券」に交換し、「東京-新青森間をグリーン車に変更する」

東京-新青森間のグリーン車料金は約5000円ですので、3.7%相当の還元率になります。

「東京-仙台」間でもグリーン車料金は約4000円ですので、これでも3%相当の還元率になりますね。結構なお得感があります。

ただし、800ポイントを鉄道関係だけで貯めるには、133,333円分の利用が必要です。
オートチャージで月に10,000円、定期券が半年に30,000円とすると、年間で180,000円です。


旅行等で切符を購入しても、年間に2枚(1往復分)が限界ですね。

 

Suica定期自体はVIEWカード以外のクレジットカードで購入可能

なお、Suica定期券自体はVIEWカード以外のクレジットカードでも購入可能です。

したがって、Suica定期券は普段から利用しているメインカードで購入すればよことになります。


その上で、Suicaへのチャージ利用分をANAマイルに交換することができるようになれば、ポイントを最大限ANAマイルに交換することが可能になるというわけです。

 

現代ではクレジットカードだけでなくさまざまなポイントカードがあり、それぞれ貯めるとお得なサービスがありますよね。

ですが、有効期限が切れてしまい、後1ポイントでサービスが受けられるはずだったのにー!、なんてこと、ありませんか?

 

先ほどの「新幹線グリーン券」への交換には800ポイント、133,333円分の利用が最低必要です。

仮に800ポイントに到達する前に、転勤などでJRを利用しなくなってしまったら…?

それに、2系統のポイントを管理するのも面倒だったりしますよね。

 

となると、取りこぼしが少なくなるように1つのポイントに集約する事が精神面でも、結果的に最大の利益を得られるものと考えます。

 

JR利用のANA陸マイラー必携!ANA VISA Suica カード!

そこで、この穴を埋めるために登場するのが、「ANA VISA Suica カード」です。

f:id:kenbou89:20161015222741j:plain

ANA VISA Suica カードには以下の特徴があります。

  • Suica オートチャージができる
  • Suica オートチャージでクレジットカードのポイント(Oki Doki ポイント)が貯まる
  • Suica定期券とリンクでき、Suica定期券でオートチャージを可能にできる
  • 貯まったOki Doki ポイントをANAマイルに交換できる
  • 入会時、年更新時に1000マイル貰える

まず、Suica定期券とANA VISA Suica カードをリンクできることが大きいです。Suica定期券とANA VISA Suica カードをリンクさせることで、Suica定期券でのオートチャージが可能になってしまうからです。


Suica定期券とANA VISA Suicaカードをリンクすると、Suica定期券でオートチャージした金額はANA VISA Suica カードの利用分として請求されるため、オートチャージ利用分がANAマイルへと交換可能なOki Dokiポイントとして貯められます。

 

Oki Doki ポイントは1,000円で1ポイント。

Suicaチャージは1,000円単位のため、端数も出ず気持ちがいいですね。

仮に、月間1万円オートチャージすると、年間で12万円分。OkiDokiポイントは120ポイントになります。

これを1ポイント5マイルコースでANAマイルに交換すると年間600マイルです。

 

あれ、以外に少ない…? 

そうなんです、1,000円で5マイルになるため、ポイント還元率は0.5%となってしまいますが、ただ、今までビューサンクスポイントを貯めざるを得なかったものが、ANAマイルに交換できるのは非常に大きいです。

 

更新時ボーナス1,000マイルもあわせて考えると年間で1.33%の還元率になるので及第点というところでしょうか。

※OkiDokiポイント1ポイントを10マイルに交換するコースもありますが、利用料金として、年6,000円を支払う必要があるため、今回のケースではNGと判断。

 

さらに、ANA VISA Suica カードを「マイ・ペイすリボ」に登録しておくことで、年会費2,000円+税が、750円+税になります。

所持して、年に最低1度決済するだけでも、年会費750円+税で1,000マイルが貰えてしまうというわけですね。

 

クレジットカードのポイントは無駄なくANAマイルにしたい

さて、VIEW Suica 定期券をご利用中の皆様、どうでしたでしょうか?

 

”けんぼう”は今月JALカードを申し込んでしまったため ANA VISA Suica カードをすぐに申し込むことはできませんが、一刻も早く切り替えたい衝動でいっぱいです。

せっかくなのでANA VISA Suica カードの入会キャンペーンもうまく利用して、ANAマイルをゲットしたいと思います。

f:id:kenbou89:20161015223046j:plain

 

ANA VISA Suica カードの申し込みはもちろんポイントサイト経由ですね!


現在ハピタス、ポイントタウン、ちょびリッチ、モッピーともにANA VISA Suica カードの案件は2,000円のため、もう少しポイントが増えるのを待ってから登録するのがよさそうです。

 

登録がまだの方は今のうちに登録して、高額案件に備えておくとよいですね。

 

【関連リンク】

kenbou89.hatenablog.com